時短家事

なんで小さくなった石けんは泡立たないのか。小さくなった石けんの使い方も紹介!

石けんが小さくなると泡立たない

こんにちは、固形石鹸好きなぴいすけ(@)です。

ずっと疑問だったんです。

ぴいすけ
ぴいすけ
どうして石けんって小さくなると泡立たなくなるの?
大きくたって、小さくたって、同じ石けんなのに!

疑問を解決するために、調べてみました。

そもそも石けんってなあに?

化学的には高級脂肪酸のアルカリ金属塩をいう。広義には脂肪酸,樹脂酸,ナフテン酸の金属塩を含める。
出典 ブリタニカ国際大百科事典

思った以上に難しい定義だった・・・
固形石鹸の定義を調べると、

動物性のあぶら(油脂)を水酸化ナトリウム(苛性ソーダ)で煮たもの。固形石鹸や粉石鹸になる。

出典 石鹸百科

なるほどぉ~ 油脂がオリーブオイルだったり、ホホバオイルだったりするわけですね。
手作りの場合は、オイルに苛性ソーダを入れて、泡だて器で20分程度かきまぜて、型に入れておいておけば出来上がるそうです。

石けんは2つの成分からできている

石けんの成分って何か、考えたことありませんでした。
汚れを落としやすくする成分とか、いい香りの成分とかそんな感じ?

石けんの成分を大きく分けると2つの成分からできているそうなのです。

  • 水に溶けやすく泡立ちの良い成分
  • 水に溶けにくく泡立ちにくい成分

前者によってモコモコフワフワの泡が作られます。しかし、それだけでは形を保っていられません。そこで後者の成分によって、固形の状態を保っていられるのです。

水に溶けやすい泡立ち成分は、文字通り水に溶けてしまう

泡立ちに重要な成分は水に溶けやすいため、どうしても先に溶けだしてしまいます。すると、最終的に水に溶けにくく泡立ちにくい成分が残ってしまい、結果として、小さくなった石けんは泡立ちにくくなってしまうのです。

納得!!!

【やってみよう!】石けんの泡立ちを保つ方法

小さくなったら捨てるというのはもったいないですよね。

水に溶けやすいということは、普段から水気を切って、乾燥させておくことがポイントです!

石けん置きに水分が溜まらないように注意することが重要なので、こういうのがおすすめ!我が家ではこれを使ってます。

created by Rinker
インターデザイン(Interdesign)
¥301
(2019/05/25 09:09:18時点 Amazon調べ-詳細)

【やってみよう!】小さくなって泡立たなくなった石鹸を使う方法

表面積が小さくなることで単純に摩擦を受ける面積が小さくなるので泡立ちにくくなるという理由もあります。それを解決するには、ネットに入れて使う方法があります!

ちょっと小学校の水道にかかってた石けんをイメージしてもらえればいいかと思います!

まとめ

物事には必ず理由があるものですね。石けんが泡立たなくなる理由がわかってスッキリしました!

ちょっとした工夫で最後まで石けんが使えるようになるので、ぜひ試してみてくださいね!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です