記事を探す方はサイトマップへ
夫婦円満

退職から1か月。退職して良かったこと・変化したこと

退職して1か月

こんにちは、元OLのぴいすけ(@)です。

正社員で働いていた会社を退職してから1か月が経ちました。
たった1か月ですが大きな変化を感じる1か月となりました!

このページを見てくださっているということは、あなたも退職しようか悩んでいるのかもしれませんね。
退職は大きな決断で、不安もたくさんあります。

退職したことでどんな変化があったのか、まとめてみました。
退職を検討している方の参考になれば幸いです。

なぜ退職したのか

前提として、なぜ私が退職したのか、について書いておきます。
いろいろな理由があるのですが、主な理由は次のとおり。

  • 仕事が忙しすぎて体調を崩すことが増えた
  • 妊活がなかなかうまくいかなかった
  • アラフォーになり、今後も仕事を続けていくのは体力的に厳しいと感じた
  • もっと家族との時間が欲しかった
  • 職場に明るい未来が見えなかった

具体的な流れは次のとおり。

仕事が忙しい

残業が増えて、家に帰る時間が遅くなる

体を休める時間が取れない

体調を崩す

薬を飲んだりするので、妊活を休まざるを得ない

精神的にへこむ

仕事に対するやる気が起こらない

残業が増えて、家に帰る時間が遅くなる(上に戻る。恐ろしいループ)

正社員を辞めるということは、とても大きな金銭的打撃であることは間違いありません。

ぴいすけ
ぴいすけ
収入がなくなるのは痛い。でも、今の生活は、何か大事なものを失っている気がしてならないんだよ。

半年間、さんざん悩みました。

しかし、今辞めないといずれ後悔するという結論に達し、退職を決意。
引継ぎ期間3か月を終え、ついに退職しました。

退職して良かったこと

ストレスから解放された

兎にも角にも、「ストレスからの解放」これに尽きます!
ストレスがないって、こんなにも素晴らしいことだったのかと衝撃を受ける日々です。

  • 満員電車に乗らなくていい
  • 腹立たしい電話応対をしなくていい
  • やっかいな上司と会わなくていい
  • 好きな時間にお昼が食べられる

などなど。

今の日本では、学生時代から早くもストレス社会はスタートしています。(受験やいじめなど…)
そして定年までストレスは続きます。定年はどんどん延長していて、死ぬまで働く社会になりつつあります。

ぴいすけ
ぴいすけ
もしかして、みんなストレスのない世界を知らずに死ぬんじゃないの!?!?

もちろん人と人とが関わる世界には、少なからずストレスは存在しています。
しかし、もっとストレスからの解放に対して貪欲になるべきだと、この1か月強く感じました。


「ストレスの解放」=「生きる幸せ」にもつながりますね。

ご飯をきちんと作れる余裕ができた

私は、衣食住のきちんとした生活を送りたいという思いが、昔から強いタイプです。

その中でも「食」は何よりも大事!
仕事をしていても、体に優しいご飯を食べたいと常に考えていました。

しかし、仕事が忙しいと帰りが遅くなり、ご飯を作るのも一苦労です。
いつも夜8時に帰宅し、1時間で食事の準備をして、夜9時から夕食でした。

ぴいすけ
ぴいすけ
ヘロヘロだよー

辞めてからは、ちゃんとご飯の準備ができるようになり、嬉しい毎日です!

ぴいすけ
ぴいすけ
料理の内容は今までと変わらないけどね~うひひ!

夫のストレスも減った

一番嬉しかったのが、夫のストレスも減ったことです!

朝は私の方が先に家を出ていたので、毎日バタバタでしたが、朝に余裕ができました。
夕飯も毎日作れるようになりました。

そして、余裕ができたので、私がイライラしなくなりました!!!(超重要)

私がイライラしたり、へこんだりすることが減ったので、一緒に暮らす夫のストレスも減ったんです!(夫談)

退職後の変化

若返った(といろんな人から言われた)

飲みに行ったら、「5歳くらい若返ったね!」と言われました。

ぴいすけ
ぴいすけ
焼けたからかな?

会社勤めをしていると、外に出ないので不健康で真っ白な肌なんですよね。
買い物やジムに行ったりするので、程よく焼けて健康的です。

白髪が減った


髪の毛って、健康度合によって変化するので面白いですよね。

仕事が忙しい時期は、白髪がどんどん増えて、鏡をみるたびにがっかりしていました。
でも、仕事を辞めたら、白髪がめっちゃ減ってる!!というか、なくなってる!?!

外食が減ったので、痩せた

いつもランチは外食だったので、少し痩せてきました。
ジムに通い始めたというのもありますが、がっつりランチをやめることができたのは大きいです。

節約意識が高まった

収入がなくなってしまったわけで、節約意識はイヤでも高まります。

ぴいすけ
ぴいすけ
あらためて家計簿を見返すと、結構無駄なもの買ってるなぁ…

無駄な出費は減らそうという意識が徐々についてきて、買い物をするときに勢いで買うことが減りました!

退職する場合の注意点

数年は生活していける目途がたってから辞めよう

病気で辞める場合は別ですが、
会社を辞めたいと考えている方は、数年は生活していける金銭的余裕ができてから辞めましょう
もしくは、辞めた後も在宅ワークや仕事のオファーがもらえるツテをしっかり準備しておきましょう。

特に、家庭を持っている場合は、自分だけの問題ではないので、しっかり準備してから行動に移すことをおすすめします。

なぜなら、辞めたあとも、ストレスだらけになってしまうからです。

お金の不安は、非常にストレス度合が強いです。
毎日通帳を見ては悲しい気持ちになるようでは、退職した意味がありません。

私の場合は前職でそれなりの給与+賞与+退職金がいただけたので、貯金ができたことと、夫の収入があることから決断しました。

家族と相談してから辞めよう

もしあなたが、家庭を持っている場合は、必ず家族と相談し、みんなが納得してから辞めましょうね。

仕事を辞めることは、金銭的にも精神的にも、不安を生み出します。
もやもやしたまま辞めても、ストレスは増える一方になってしまいますよ。

最後に

こんなにストレスレスな生活が送れるのは、夫の理解があったからに違いありません。
体調を崩しがちになった私のために、退職を薦めてくれたのは夫でした。

ぴいすけ
ぴいすけ
ありがとう!!感謝しかないよ!!

最後まで読んでくださりありがとうございました(*’▽’)

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です